2008年07月14日

転院

双極性障害の人は転医を繰り返すといいますが、私も繰り返しました。

なかなかよくならなかったことと、ネットの掲示板でm-ECTの話が話題になっていたので、私もm-ECTを受けたいと思うようになりました。
そんなときに、入院時の友人が通院してる病院(彼女も入院だけその病院に来ていました)でECTをやっていて、しかもすごくよくなる・当院は経験豊富で、是非うちで治療を受けてくださいみたいな感じでホームページに書いてあったので、そこに行きました。しかし、実際行ってみると、うちはうちの患者さんにしかやってない。副作用の大きい治療だから今までの経過とかよく知ってる患者でないとリスクが大きすぎる。と言われ、追い返されました。だったら、あの期待させるようなHPはやめてくれって感じでした。

ある日、テレビで「楽して儲かるバイトベスト10」というのをやっていて、寝ているだけでいいというバイトが1位になっていました。しかもそれが県内の病院でした。宇宙開発?の研究で、無重力空間での生活が人類にどのような影響を与えるのかを調べるため、ベッドの頭側を少し下げて無重力に近い状態にして生活するというものでした。
まだこのバイトはやってるのかなぁってその病院のHPをみましたが、その時はもうすでに募集も終了していたし、男性限定でした。
ついでになんとなく、その病院の精神科のページも見てみると以前そこにいた医師のHP(ブログだったかな?)へのリンクがあり、その先生は開業したばかりでした。
以前、うつ病のブログで開業したばかりの先生はよく話を聞いてくれるというのを読んだことがあったので、そこに行ってみようかなと思いました。
となりのとなりの市だったので、少し遠くて自分で運転していく元気はなかったのと、電車やバスなどがなかったので、昼間に一人で通院することはできませんが、父が仕事から帰った後すぐに行けば通院できそうでした。
さっそく電話をして予約をとり、受診しました。
そして、紹介状を書いてもらって正式に転院することになりました。
それが、今の主治医です。
今の先生は、躁転しそうになったらすばやく躁転を防ぎ、うつの時は薬はほとんど増やしません。必要なときは使うけど、必要最低限でおさえるっていうような薬の使い方をされているように感じます。


よろしければ、応援・激励・共感のクリックをお願いします。
また、こちらから双極性障害のブログをたくさん見れます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
ラベル:ECT 転院
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。