2008年07月06日

双極U型障害の診断基準

双極U型障害の診断基準

診断基準に関しては、DSM-W-TRという本に躁病エピソードの診断基準というのが載っていて、躁病エピソードの有無によって診断されますが、現在、診断基準の見直しが必要だという医師の声もありますので、ここではDSM-W-TRの表は載せません。主治医になんでもお話して主治医に診断してもらいましょう。

私の場合は主治医が何度も変わっていますが、医師により言うことも様々です。ただ、医師が双極U型障害だといわれるのなら間違いないと思います。


うつからはじまって途中で躁が出てきて躁うつ病となった人はあとから振り返ってみるとどういう特徴があったか、ということが調べられています。躁うつ病の研究を長年続けているアキスカルという有名な精神医学者が、次のようにまとめています。
1.発症が急性である。(急にうつに入ってしまう、という特徴があります。一般的にうつ病の場合は比較的徐々にうつ状態が出てきて、完全にうつに入るまでに時間がかかるのですが、急激に発症してくる、というのが双極のうつの特色です)
2.うつの状態は比較的重症である
3.妄想(場合によっては幻覚のような)精神病症状が伴ってくることが多い



双極性障害の病前性格

1.社交的、善良、親切、温厚
2.明朗、ユーモアがある、活発、激しやすい
3.寡黙、平静、陰鬱、気が弱い
(1は共通特長、2は軽躁型、3は抑うつ型)



参考文献


躁うつ病はここまでわかった
うつ病新時代―双極2型障害という病 (精神科医からのメッセージ)
こころの病気を知る事典 新版
心の病気と薬がよくわかる本






end
posted by もも at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 診断基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする