2016年05月07日

躁うつ本

久しぶりに躁うつの本を買っちゃいました。
昔はたくさん買ってたけど、
最近は薬以外のことはすでに知ってることが多くなってきたので
あまり本が欲しい衝動ってなかったけれど。


両親に読んで欲しかったのと、

長年のうつとひきこもりで体力がなくなってしまって
うつで動けないのか体力がなくて動けないのかわからない状態なので
そんなひとが社会復帰に向けてどうしたらいいのか具体的に載ってないかな〜
というのと、

躁状態って、ハイテンションで気分がいい・調子がいい状態って思われがちだけど
私の場合はイライラして人や物にあたってしまうことが多く
人に迷惑をかけてしまうことが多いんだけど、
その辺のことはどう書かれてるんだろうって気になって
Amazonでポチッとご購入〜〜してしまいました。



Amazonプライムってホントに必要かって思うくらい
注文の翌日に届きましたが
集中力がなくて、結局自分では読めなかったけど、
パラパラと目を通しました。

加藤先生の本はわりと読んでいたのと
ニュースレター bipolar.umin.jp/contents02.html
も読んでいたので
パラパラだけでもわりとスムーズに内容は入ってきました。


双極性障害は心ではなく脳の病気
ってところは、当事者やその周りの人だけでなく
社会全体に早く周知してもらいたいなーと思いました。

人生を守るために治療する
ってところは、なぜだかウルっときました。
私の人生は躁うつになった時点で終わったようなもんですが…。

薬を飲めば働ける
ってところは、求職よりももっと前段階の部分を具体的に知りたかったです。
発症から時間が経ちすぎてしまって、
うつ状態も長く社会復帰を考えられなくなってしまっているから。

あとは、当事者の周りの人向けの本だと思うので、
うつ状態の時はうつの土壌にいるのだから
思考がネガティブになってしまうのは当たり前で
もともと本人がネガティブな人だと考えないで欲しいことも
付け加えて欲しかったなーと個人的な感想でした。
(躁状態の時に迷惑をかけてしまうことは書かれてました)

尊敬できる先生であること、双極性障害研究では日本一の先生であること
本も絵が多くてわかりやすいこと、内容が充実していることなどなどから
とてもオススメな本でした。




とても励みになっています。
今日もクリックしてもらえたらうれしいです。
arigato01.gif  yajirusi13.gif    
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
posted by もも at 03:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする